忍者ブログ

嬉しい

よろしくお願いします!

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

<シャープ>堺の「薄膜型」太陽電池工場、曇天のスタート

 シャープは月内に、堺市に建設した太陽電池工場を稼働させる。戸建て住宅の屋根に使われる現在主流の「結晶型」ではなく、大規模な太陽光発電所などに納品する「薄膜型」と呼ばれるタイプを生産する。薄膜型は既に奈良県葛城市の工場でも量産しており、堺の工場稼働時に生産能力は倍増。国内メーカーで唯一、結晶?薄膜の両輪体制を明確にする。ただ、薄膜 aion rmt
は金融危機で需要が減退しており、市場動向を見ながら生産能力引き上げのタイミングを探る。

 薄膜型は結晶型に比べ、太陽光を電力に変換する効率が4分の3程度と低いが、材料となるシリコンの使用量が100分の1で済むため、コストを抑えられるのが特徴だ。このため戸建て住宅などより大規模な「屋根」を確保できる、太陽光発電所などに納品す FF14 rmt
る。シャープは薄膜型を結晶型と並ぶ太陽電池の柱と位置づけており、堺市の工場への投資は720億円に上る。

 しかし08年秋のリーマン?ショックで目算が狂った。太陽光発電所に積極的だった欧州で建設計画の延期などが相次いだためだ。三洋電機が新日本石油と共同で薄膜に参入する予定を延期するなど、他メーカーにも影響が及んでいる。薄膜を有
利にするシリコン価格が下落基調にあるのも誤算。シャープは今月末の稼働時、堺の新工場で年産能力の3分の1の年16万キロワットでスタートする。将来的には原子力発電所1基に相当する年100万キロワットにまで引き上げる計画だが、成長するアジア各国の国家プロジェクトをうまく受注できるかがカギになる。【岩崎誠】

【関連ニュース】

報:佐伯旭さん92歳=元シャープ社長
訃報:佐伯旭さん 92歳=元シャープ社長
訃報:佐伯旭さん 92歳=元シャープ社長
シャープ(6753) 薄膜型太陽電池も立ち上がる。(立花証券)
NTTドコモ:「新ドコモ宣言」 価値観、生活に合わせた22機種発表 「PRIME」など4シリーズに

引用元:エターナルカオスNEO(NEO) 情報局
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カレンダー

09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R